片面アイテープというのは、100円ショップやドラッグストアなどで手に入るまぶたに貼るテープのことです。

 

しかしアイプチしか使ったことがない人は「どうやって使うものなのかわからない」という声や「自然に見せる方法がわからない」という声もあります。

 

そこで今回は片面アイテープの選び方のコツや、使い方をご紹介します。

 

片面アイテープの選び方は?

片面アイテープは、色・形・長さなど沢山の中から選ぶことができるのがメリットです。

 

しかし「色々ありすぎてどれを選べばいいのかわからない」という人もいるでしょう。

 

片面アイテープを選ぶときにまず大事なのは色です。

 

テカリが目立つのは圧倒的に透明・半透明のものが多いです。

 

なるべく肌色に近いもの、もしくはアイメイクの色味に近いものを選ぶといいでしょう。

 

透明・半透明のタイプの片面アイテープは、切って使えば目立ちにくくなり、寝ている間にクセ付けをする時にも使えるので捨てずに取っておきましょう。

 

それから形は、幅広のものはまぶたに厚みがある人には馴染みますがまぶたが薄い人は不自然になるので幅はほどほどの物を選ぶようにしましょう。

 

長さは、長いほど目立ちます。

 

目の幅に合わせてカットして使うようにしましょう。

 

片面アイテープの使い方とは?

私が実際にアイテープの使い方を動画解説しています。

 

是非参考にしてみて下さい。

 

片面アイテープは慣れてしまえばアイプチよりも簡単に二重のラインを作ることができる便利なアイテムです。

 

ぶきっちょさんにもオススメなので、以下の手順に沿ってやってみてください。

 

Step1 まぶたの水分・油分を拭き取る

Step2  スティックで二重のラインを作る

Step3  テープの端の持ち手を両手で持つ

Step4 二重のラインにテープの上が当たるように貼る

Step5 目尻の持ち手を取り、目頭の持ち手を取る

Step6 スティックで形を整えて完成

 

片面アイテープ使い方動画解説

アイテープ(透明タイプの使い方)

アイテープ使い方(絆創膏タイプ)

アイプチ 片面アイテープの使い方まとめ

片面アイテープは、今から10年以上前にもありました。

 

当時のものはテープを貼っている感が強く、下を向いた時に目立つので私は苦手意識を持っていました。

 

しかし、最近のものは目立ちにくく自然なものが増えています。

 

アイプチやメザイクよりも簡単に二重のラインを作ることができるので、上手く活用すればとても自然な二重が出来ます。

 

まだ使ったことがない人は、100円ショップやドラッグストアなどで手軽に手に入れることができるアイテムなのでぜひ買ってみてください。

 

使い方は、お伝えしたステップ通りにやっていけば難しくはありません。

 

アイテープの選び方は、色や形などを意識して選ぶと失敗が少ないのでぜひご参考ください。




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★