簡単に二重を作れる便利なアイテムのアイプチですが、肌に合わないという人も中にはいます。

 

最初は何ともなかったという人でも、長期間使っているとかゆみやかぶれなどの症状が出る場合もあります。

 

そこで今回は、アイプチで炎症が起こる原因と対策をまとめてみました。

 

今トラブルが出ている人も、そうでない人にもぜひ知っておいてもらいたいです。

 

アイプチで炎症が起きる原因は?

アイプチには、天然のゴム(ラテックス)が入っていてこれが接着剤としての効果をもたらします。

 

アイプチで炎症が起きた人は、ゴム(ラテックス)アレルギーになった可能性があります。

 

ラテックスはアイプチだけでなく絆創膏や、靴下留めにも同様の成分が入っているので要注意です。

 

したがって、アイプチの炎症の原因は接着剤の成分です。

 

アイプチで炎症が起きないようにする為の対策とは?

アイプチで炎症が起きないようにするには3つの方法があります。

 

まず1つ目はアイプチの使用時間を短くすることです。

 

使えば使うほど、アレルギーになりやすくなるのでアイプチをしなくていい日はまぶたを休ませてあげましょう。

 

2つ目はクレンジングをしっかりすることです。

 

アイプチが、まぶたに残ったままだと1日中アイプチをしている状態になりますよね。

 

クレンジングできちんとアイプチを落とすことを習慣化しましょう。

 

3つ目はアイプチを変えてみることです。

 

炎症が起きるのは、ゴム(ラテックス)が入っているアイプチです。

 

それを避けて二重アイテムを選びましょう。

 

アイプチでかぶれ、かゆいときはどうすればいいの?

アイプチでかぶれた時やかゆいときは、アイプチの使用を辞めるのがベストです。

 

しかし、そうもいかないですよね。

 

かぶれやかゆみは、炎症の初期段階なのでこの時点で早めにケアをしておけば、長引くことはありません。

 

まぶたはとてもデリケートなので、皮膚科を受診することをオススメします。

 

症状に合った軟膏を出してもらえるはずです。

 

アイプチで炎症がおきる原因と対策・炎症、かぶれ、かゆいときはどうすればいいの?まとめ

今回は、アイプチで炎症が起きる原因とその対策についてまとめてみました。

 

炎症の原因はアイプチに含まれる接着剤の成分である天然ゴム(ラテックス)にあります。

 

毎日長時間使用すると、その分アレルギーを起こしやすくなります。

 

使用時間を短くし、天然ゴム(ラテックス)が入っていない二重アイテムを選ぶのも手です。

 

炎症の初期段階で早めにケアをすれば、二度とアイプチを使えなくなるというような深刻な症状にはならないので自己判断せず皮膚科を受診することをオススメします。




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★