アイプチは、接着剤でまぶたを二重にするものなのできちんと落ちていないとまぶたに負担がかかってしまいます。

 

アイプチの付け方は知っていても、落とし方については自己流で適当に済ませているという人も多いでしょう。

 

そこで今回はアイプチの正しい落とし方をご紹介します。

 

アイプチの正しい落とし方とは?

アイプチの正しい落とし方は、実はとっても簡単です。

 

まず、コットンや柔らかいタオルをお湯に浸しまぶたの上をよくふやかしましょう。

 

しばらく時間を置いたら、ゆっくりまぶたの上を拭き取ります。

 

それだけで落ちるものもあれば、落ちないものもあります。

 

ウォータープルーフのアイプチは特に落ちにくいので、クレンジングやポイントメイクリムーバーを使ったりして優しく落としていきましょう。

 

アイシャドウやアイラインもその時に一緒に綺麗に落としていきますが、落ちにくい場合は綿棒などを使うと落ちやすくなるのでオススメです。

 

ベタベタが続く時には、クレンジング効果が高いオイルタイプのクレンジングをクルクルと馴染ませると落ちやすくなりますよ。

 

アイプチを落とす時にまぶたを痛めないようにするには?

アイプチの悪い落とし方というのは、まぶたを強く擦ったり爪で引っ掻いたりして強引に落とすという方法です。

 

こういったことを繰り返していると、まぶたが伸びてしまったり、まぶたに傷がついて炎症が起きてしまったりするので危険です。

 

アイプチを落とす時にまぶたを痛めないようにするには、無理な力をかけないことです。

 

手で強くこすったり、引っ張ったり、爪を立てたりせずクレンジングやポイントメイクリムーバーなどの道具の力を借りてしっかり綺麗に落としていきましょう。

 

アイプチを落とし終わった後も肝心です。

 

刺激の少ない化粧水や、ワセリン、アイクリームなどを塗って保湿しておくといいでしょう。

 

アイプチの正しい落とし方!落とすときにまぶたを痛めないようにするには?まとめ

アイプチの付け方は日々使っていく中で身についていきますが、正しい落とし方というのは案外知られていないものです。

 

これまで自己流で行っていたアイプチの落とし方で、もしかしたらまぶたに相当の負担がかかっているかもしれません。

 

例えば、まぶたを強く擦ったり爪で引っ掻いたりしていませんか?

 

思い当たる節がある人は今すぐ正しいアイプチの落とし方を実践してみてください。

 

まぶたにかかる負担が軽減され、まぶたの伸びや炎症の防止にもつながるはずです。




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★