アイプチは、接着剤でまぶたを二重にするものなのできちんと落ちていないとまぶたに負担がかかってしまいます。

 

アイプチの付け方は知っていても、落とし方については自己流で適当に済ませているという人も多いでしょう。

 

そこで今回はアイプチの正しい落とし方をご紹介します。

 

アイプチの正しい落とし方とは?

アイプチの正しい落とし方は、実はとっても簡単です。

 

まず、コットンや柔らかいタオルをお湯に浸しまぶたの上をよくふやかしましょう。

 

しばらく時間を置いたら、ゆっくりまぶたの上を拭き取ります。

 

それだけで落ちるものもあれば、落ちないものもあります。

 

ウォータープルーフのアイプチは特に落ちにくいので、クレンジングやポイントメイクリムーバーを使ったりして優しく落としていきましょう。

 

アイシャドウやアイラインもその時に一緒に綺麗に落としていきますが、落ちにくい場合は綿棒などを使うと落ちやすくなるのでオススメです。

 

ベタベタが続く時には、クレンジング効果が高いオイルタイプのクレンジングをクルクルと馴染ませると落ちやすくなりますよ。

 

アイプチを落とす時にまぶたを痛めないようにするには?

アイプチの悪い落とし方というのは、まぶたを強く擦ったり爪で引っ掻いたりして強引に落とすという方法です。

 

こういったことを繰り返していると、まぶたが伸びてしまったり、まぶたに傷がついて炎症が起きてしまったりするので危険です。

 

アイプチを落とす時にまぶたを痛めないようにするには、無理な力をかけないことです。

 

手で強くこすったり、引っ張ったり、爪を立てたりせずクレンジングやポイントメイクリムーバーなどの道具の力を借りてしっかり綺麗に落としていきましょう。

 

アイプチを落とし終わった後も肝心です。

 

刺激の少ない化粧水や、ワセリン、アイクリームなどを塗って保湿しておくといいでしょう。

 

アイプチの正しい落とし方!落とすときにまぶたを痛めないようにするには?まとめ

アイプチの付け方は日々使っていく中で身についていきますが、正しい落とし方というのは案外知られていないものです。

 

これまで自己流で行っていたアイプチの落とし方で、もしかしたらまぶたに相当の負担がかかっているかもしれません。

 

例えば、まぶたを強く擦ったり爪で引っ掻いたりしていませんか?

 

思い当たる節がある人は今すぐ正しいアイプチの落とし方を実践してみてください。

 

まぶたにかかる負担が軽減され、まぶたの伸びや炎症の防止にもつながるはずです。

 

【注意】アイプチ ウォータープルーフ 落とし方!

ウォータープルーフのアイプチは汗や水に強くて落ちにくいというメリットがありますが、その反面落ちて欲しい時に落ちなくて困っている人も多いはずです。

 

そこで今回はウォータープルーフのアイプチの落とし方をテーマにお届けします。

 

ウォータープルーフのアイプチを落とす時の注意点

いつものクレンジングでウォータープルーフのアイプチが落ちないという場合、早く落としたい気持ちでまぶたをゴシゴシ洗ったり、爪で引っ掻いたりして無理やり落とす方法はまぶたに負担がかかるので絶対に避けましょう。

 

メイクが落ちやすいクレンジングを選ぼう

クレンジングは、色々な種類のものがありますよね。

 

その中でも、メイクが落ちやすいものとそうでないものがあります。

 

1度濃いメイクをしてみて、そのメイクがスッキリ落ちるかどうかでクレンジングを選んでみてください。

 

そうするとウォータープルーフのアイプチも落ちやすいです。

 

乳液タイプやジェルタイプよりも、オイルタイプのクレンジングの方が洗浄力が強いのでオススメです。

 

ポイントメイクリムーバーを使おう

いつものクレンジングでウォータープルーフのアイプチが落ちない場合は、ポイントメイクリムーバーを使ってみましょう。

 

ポイントメイクリムーバーというのは、部分用のメイク落としのことで主に目元の濃いメイクを落とすために使うことが多いアイテムです。

 

コットンにポイントメイクリムーバーを染み込ませてまぶたの上に乗せ、アイプチの液体が浮かび上がってくるまで時間を置いて拭き取りましょう。

 

それでもまだベタベタするという時は、もう1度同じ作業を繰り返します。

 

【注意】アイプチ ウォータープルーフ 落とし方!まとめ

今回は「ウォータープルーフのアイプチが落ちない」という悩みを持っている人に向けて、クレンジング剤の選び方や部分用のポイントメイクリムーバーの使い方、ウォータープルーフのアイプチを落とす時の注意点などをお伝えしました。

 

汗や水ですぐに落ちないというのがウォータープルーフの良いところですが、その反面落ちて欲しい時にも落ちにくいのが悪いところですよね。

 

無理に擦ったり爪で引っ掻いたりして落とすのではなく、クレンジング剤でふやかして落とすというのがウォータープルーフのアイプチの正しい落とし方です。

 

ウォータープルーフのアイプチでメイクを毎日すると、塗っている時も落とす時にもまぶたに負担がかかるので、プールや温泉、スポーツの時など最小限の使用に留めておくことをオススメします。

 

 

アイプチが落ちやすいクレンジングのおすすめは?

 

「アイプチが落ちにくい」と感じている人は、今使っているクレンジングで無理やり落とすのではなく思い切ってクレンジングを変えてみることをオススメします。

 

アイプチとクレンジングには相性があるので、普通のメイクは綺麗に落ちてもアイプチは落ちにくいなんていうものもあるんです。

 

今回は、アイプチが落ちやすいクレンジングのオススメについてご紹介していきます。

 

アイプチが落ちやすいクレンジングのオススメは?

プチプラではどれがいい?

ドラッグストアなどで簡単に手に入る、コスパの良いクレンジングをお探しの方は専科の『パーフェクトウォータリーオイル』がオススメです。

 

オイルタイプのクレンジングでアットコスメの口コミ件数も1500件を超える人気の商品です。

 

アイプチだけでなく、濃いアイメイクもスルッと落ちるのでオススメです。

 

ドラッグストアで800円前後で手に入ります。

 

ウォータープルーフを落とすにはどれがいい?

アイプチでもウォータープルーフタイプには、ポイントメイクリムーバーがオススメです。

 

部分用、アイメイク用などと書いてある商品を買ってみてください。

 

DHCの『ディープクレンジングオイル』をコットンや綿棒に染み込ませて落とすのもスルンと落ちました。

 

デパコスではどれがいい?

 

オイルタイプのクレンジングは、アイプチを落とすのに相性がいいと言われています。

 

オイルクレンジングで有名なのはシュウウエムラですよね。

 

美容部員の人に「濃いメイクや、アイプチが落ちやすいものを探しています」と伝えると色々と教えてもらえるのでオススメです。

 

最近はTHREEなども人気ですね。

 

通販コスメではどれがいい?


オルビスやファンケルのクレンジングオイルはアイプチも擦らずに落ちると評判です。

 

私はマナラの『ホットクレンジングジェル』を使っていますが、こちらも濃いメイクやアイプチが落ちる上に美容成分もたっぷり入っているのでオススメです。

 

まとめ

今回は、アイプチが落ちやすいクレンジングのオススメをご紹介しました。

 

プチプラでもデパコスでも、通販コスメでも色々な商品があることが分かりました。

 

これらの商品の特徴を見ていると、アイプチが落ちやすい=濃いメイクが落ちやすいものだと思っていただければ間違いありません。

 

ご紹介したクレンジングは、すぐに手に入れることができる商品も多いので今のクレンジグでしっくりきていない人は変えてみてください。




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★