「まぶたが重くてアイプチが効かない」というお悩みを持つ一重さんはいませんか?

 

同じ一重でも、まぶたが厚くて重いとクセが付きにくかったりアイプチがすぐに戻ってしまったりして色々大変ですよね。

 

今回は、そんなアイプチが効かない重いまぶたでお悩みの一重さんが二重をゲットする為の方法やコツをご紹介します。

 

まぶたが重い一重の人はアイテム2つ使いで克服

 

まぶたが重くてアイプチが効かないという人は、アイプチとメザイクの2つ使いがオススメです。

 

私も泣いた翌日など、まぶたが腫れぼったい日はアイプチだけではすぐに戻ってしまうのでメザイクもセットで使っていました。

 

2つを使うとなるとその分時間はかかりますが、先にアイプチで二重幅を作った後にメザイクで固定する感じなので普通にアイプチだけを使うよりも二重が持続しやすくなります。

 

アイプチが効かない人はプチ整形しても戻る可能性あり

 

まぶたが重い一重の人は、アイプチが効かないならプチ整形(埋没法)をすればいいと考えるかもしれません。

 

しかし、この考えだけで手術に挑むと数年後に後悔します。

 

実は、まぶたが重い一重の人はプチ整形をした数年後に糸が切れる可能性が高いです。

 

私の友人も、3年程で取れてしまった人が2名います。

 

だからプチ整形をしたら全てが解決というわけではないということをお忘れなく。

 

アイプチが効かないならナイトアイボーテを始めよう

 

アイプチは一時的には目を二重に見せてくれますが、根本的に二重になるためには二重にする為のトレーニングアイテムを使うのが1番です。

 

ナイトアイボーテは、寝ている間に二重のラインを定着させるアイテムです。

 

早い人は数日で自然な二重を手に入れています。

 

アイプチのような使い勝手なので、ぜひアイプチが効かないという人は検討してみてください。

 

まぶたが重い人はすぐに二重になる可能性は低いですが、3ヶ月〜半年程で多くの人が効果を実感しています。

 

まとめ

重い一重まぶたの人は「アイプチが効かなくてどうしよう…」と悩みますよね。

 

今すぐにでも実践できる解決策としては、アイプチとメザイクを両方使うというのはオススメです。

 

最終手段としてプチ整形を考えるかもしれませんが、私の友人のようにプチ整形から数年で糸が切れる可能性があるということも覚えておいてください。

 

そういった心配をせずに二重を手に入れる方法として、ナイトアイボーテのような二重のトレーニングアイテムがあることも知っておくといいでしょう。

 

平均して3ヶ月〜半年程で多くの人が効果を実感しているので重い一重まぶたの人も試してみる価値はありそうです。




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★