アイプチをする時のアイシャドウのつけ方

アイプチをする際、メイクのやり方が重要です。

 

しっかり順番を守らないと、アイシャドウのノリが悪く、失敗してしまいます。

 

さて、アイシャドウがきれいに出来る方法をお伝えしましょう。

 

まず、メイクの順番です。

 

基本的に、アイプチはメイクの前に行いましょう。

 

ベースメイクをした後にアイプチをして、その上からアイメイクをしていくといったような感じです。

 

順番としては以下のとおりです。

 

1.ベースメイク

2.アイプチ

3.アイシャドウ

4.アイライナー

 

この順番でするのが最も一般的だと言えるでしょう。

 

アイシャドウをのせる際、チップでアイプチで作ったラインをゴシゴシとこすらないようにするのがポイントです。

 

接着力の弱い商品だと、こするだけで取れてしまう可能性があります。

 

何往復もチップを往復させるのではなく、サッとひと塗りふた塗りで出来るように練習しておくと良いかもしれません。

 

もしアイメイクをする中でアイプチが取れてしまった場合は、メイク後にもう1度アイプチを塗って接着すればOKです。

 

2度目にアイプチを塗る際は、厚塗りにならないよう気をつけてくださいね。

 

まぶたを折り込んで接着する部分にだけチョンチョンと乗せるようなイメージで塗ると良いかと思います。

 

基本的には上記の方法で、メイク前にアイプチをするのが一般的なのですが、まれに「メイク後に使用したほうがキレイに出来る」という人もいます。

 

アイプチに慣れていて、アイプチ後の二重幅を覚えているような方であれば、その二重幅に合わせてメイクが出来るので、それでも良いかもしれません。

 

接着力が強いアイプチを使用している場合は、メイクの上からアイプチを塗っても上手く接着できるようです。

 

ただし、接着力があまり強くない商品を使用する場合は、メイクの油分や粉が邪魔をして、上手に接着できないことが多いです。

 

1度お手持ちの商品を、両方のパターンで試してみてください。

 

そして、自分がやりやすい方法を採用すると良いかと思います。

 

まぶたの状態は人それぞれですから、二重ラインを作りやすい人もいればそうでない人もいます。

 

まずは自分のまぶたの状態を知るためにも、試してみるのが良いでしょう。

 

アイプチで二重をつくると、一重まぶたのときよりずっとアイメイクがしやすくなるかと思います。

 

二重幅がしっかりあるので、アイシャドウがのせやすいですし、アイラインも引きやすいですよね。

 

アイプチで二重まぶたにして、今よりもメイクを楽しんじゃいましょう!




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★