アイプチを使い始めてから「目の乾燥が気になる」という声が寄せられています。

 

今回はアイプチで目が乾燥したり、痛かったりする時の対処法をご紹介します。

 

今そういった症状が出ている人は、すぐに改善することをオススメします。

アイプチでドライアイになる理由とは?

 

アイプチをしてから、ドライアイになったという人は多いようです。

 

しかし、アイプチはまぶたに付けるものなのに「なぜ目が乾燥するの?」と思いますよね。

 

その原因は大きく分けて2つあります。

 

まず1つ目は、まばたきが上手く出来ないからです。アイプチをしていると目が最後まで閉じませんよね。

 

まばたきがしっかり出来ないと、その分目が乾きやすくなってしまうのです。

 

2つ目は、まぶた上に上がった分、眼球の露出が増え空気に沢山触れるようになるためです。

 

アイプチをしている人だけでなく、二重まぶたの手術をした人も「最初はドライアイ気味になった」という声がありました。

 

アイプチによる目の乾燥・痛みを防止する方法は?

 

アイプチをすることで目の乾燥や痛みがある場合、その悩みを根本的に解決するにはアイプチをしないことが1番です。

 

でも、それは嫌だという人がほとんどでしょう。そういった場合は、ドライアイ専用の目薬を使うと目の乾燥がだいぶ楽になります。

 

それから、コンタクトと一緒に使うのと目の乾燥や痛みを増進させるので、なるべくメガネで過ごすようにしましょう。

 

もしどうしてもというときは、コンタクトは1日使い捨ての乾燥しにくいタイプがオススメです。

 

それから、粘膜に引くアイラインや目元のバッチリメイクは避けた方がいいですね。

 

アイプチをしていると、皮膚呼吸がスムーズに出来なくなります。

 

その上にさらに化粧を塗り重ねるとますます症状が悪化してしまうのでご注意ください。

 

日中用のアイプチではなく、夜寝ている間に二重を作るナイトアイボーテという二重トレーニングアイテムもあるのでぜひ試してみてください。

 

まとめ

今回は、アイプチを使い始めてから目の乾燥や痛みが気になる人の原因とその対処法をご紹介してきました。

 

アイプチを使うことで、まばたきの回数が減ることや眼球の露出量が増えることがドライアイの原因です。

 

乾燥がひどい時は無理してコンタクトや、バッチリメイクをするとさらに乾燥を招くので控えめにしましょう。

 

乾燥により目が痛むこともありますが、ドライアイ専用の目薬や潤い感が続くコンタクト、夜用の二重トレーニングアイテムのナイトアイボーテなどもあるので試してみてください。

 




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★