二重まぶたを作る場合、アイプチ・アイテープ・メザイクなど様々な商品を利用するかと思います。

 

果たして、どの商品を利用するのが最も良いのでしょうか。

 

それぞれの商品の特徴をご紹介しながら解説していきたいと思います。

 

<アイプチ>

アイプチは、グルーを使用して、まぶたの皮膚同士を接着させます。

 

接着が弱く自然な仕上がりになるものもあれば、ウォータープルーフ対応で、1日中しっかりと接着するものもあります。

 

アイプチの利点としては、形成した二重まぶたが崩れにくいところかと思います。ゴシゴシと目のまわりをこすったり、顔を洗わない限り、二重が取れることはないでしょう。

 

アイプチのデメリットとしては、慣れるまでは使いづらいといったところかと思います。

 

初めて利用する人にとっては、少々使い方が難しく、どうしても不自然な二重まぶたに仕上がってしまうのです。

 

自分で何度も練習をしないといけません。ある程度使い続けて、まぶたのどこに二重のラインを作るのか定着してくると、アイプチは非常にやりやすくなりますよ!

 

<アイテープ>

アイテープには2種類あり、1つは片面接着タイプで、もう1つは両面接着タイプです。

 

後者である両面接着タイプはアイプチと似たような原理で、まぶたとまぶたを接着させます。

 

そのため、いかにも「接着している」という仕上がりにはなってしまいますが、クセ付けをするにはもってこいです。

 

そのため、寝る前に使用して、寝ている間に二重のクセを定着させる時などにオススメです。

 

一方、片面接着タイプのアイテープに関しては、アイテープの上にまぶたが乗ることで二重に見えるというやり方です。

 

この片面接着アイテープは、ある程度すでに二重のラインがクセづいてきた一重の人や、奥二重の人には効果があると言われています。

 

しかし、まぶたが重めの一重の人だと、上手く二重にならないことが多いようです。

 

重めの一重の方は、両面タイプのアイテープ、もしくはアイプチやメザイクを利用したほうが良いでしょう。

 

<メザイク>

メザイクは、ファイバーをまぶたに食い込ませて二重まぶたを形成するというものです。

 

ファイバーを深く食い込ませるので、目を開いた時の形が自然な仕上がりになるのが特徴です。

 

より自然な形に仕上げたいという人には、メザイクがオススメです。ただし、まぶたが重めの一重の人だと、メザイクが上手くいきません。

 

2,3回試してみて上手く行かない時は、他の二重形成商品に変えてみたほうが良いでしょう。

 

 

このように、それぞれの商品には特徴があります。まぶたの状態によって、どの商品で二重を作りやすいかが異なってきますので、いろんな商品を試してみると良いでしょう。

 

自分に合ったものが、きっと見つかると思いますよ。




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★