アイプチを使用した場合、その後に化粧をしていくかと思うのですが、その際にどうしてもアイプチのりの跡が気になってしまうかと思います。

 

しっかり乾けば、のりの部分が剥がれてしまうことはありません。

 

しかし、メイクをする際にそのアイプチのり部分にはメイクが乗りづらい傾向にあります。なんと言いましょうか…メイクをはじいてしまうといったイメージですね。

 

そのため、アイプチの跡を大きく残さないようにするのがポイントになってくるかと思います。

 

さて、アイプチの跡を残さないようにするには、どうしたら良いでしょうか。

 

まず、1つ目のポイントとしては、最初にまぶたへアイプチを塗る際、広い範囲に塗りすぎないことです。

 

二重のラインを作る位置を決めたら、アイプチを塗るのは広くてもその上下2mmまでに留めておきましょう。

 

そうすると、まぶた同士はちゃんと接着しますが、接着しなかった部分のまぶたにアイプチ跡が残るというようなことはありません。

 

広い範囲に塗りすぎてしまうと、まぶたの接着に使用しなかった部分が跡としてクッキリ残ってしまいますからね。

 

しかも、アイシャドウなどパウダー系のメイクをすると、むしろアイプチ跡が目立ってしまうから危険です。アイプチ後に跡ができてしまってメイクが上手く乗らないという方は、是非この方法でやってみてください。

 

また、アイプチの跡を上手く隠すメイクをしたいのであれば、パウダータイプよりもリキッドやクリームタイプがおすすめです。

 

また、あまりラメが入っていないものを選ぶようにすると、アイプチの跡が強調されずにすみます。せっかくアイプチで二重まぶたにしたのに、跡でバレてしまうなんて勿体ないですからね。

 

さらに、より跡を目立たなくする方法としては、ブラウン系のアイシャドウやアイライナーを使用することです。ピンク系やベージュ系だと目立ちやすくなってしまいますので、少し色味が強めのものをチョイスすると良いかと思います。

 

というわけで、アイプチ跡を目立たなくするポイントは以下の3つです。

 

1.アイプチは広い範囲に塗らない

2.リキッド系・クリーム系のアイメイク商品を使う

3.色味はブラウン系のメイク用品を使う

 

この、たった3つのポイントをおさえるだけで、アイプチ跡を気にすることなく外出することが出来ます。自信を持ってメイクするためにも、是非覚えておいてくださいね。




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★