一重まぶたの人にとって、メイクは非常に重要です。

 

一重まぶただと「アイラインを入れても見えない」「まぶたがかぶさって、上手に引けない」など、悩みも尽きません。

 

さて、一重まぶたの人はどのようにアイラインを引けばよいのでしょう。

 

一重まぶたのアイラインには3つの原則があります。

 

それは、以下の3つです。

 

  1. 目尻を強めに引く
  2. 目頭にもラインを引く
  3. リキッドタイプを使用する

 

この3つで解決できるかと思います。

 

一重まぶたの人は目の印象が弱くなってしまいがちです。

 

そのため、二重まぶたの人向けのメイクを実践しても、メイクをした感じがしないのです。

 

そこで、目頭や目尻にしっかりとラインを引くことで、印象づけることが可能になります。

 

アイラインによるデカ目効果を利用しましょう。

 

シャープなラインを引くために、リキッドタイプのものがおすすめです。
さて、一重まぶたの方向けのアイラインの引き方をご紹介しましたが、アイプチをしている方の意見としては「一重まぶたのままメイクをするなんてありえない」でしょう。

 

そこで、アイプチをした際のアイラインの引き方についてもご紹介していきたいと思います。

 

まず、よくある質問が「アイプチとメイクはどっちが先?」というものです。

 

この質問に関しては、正直なところ「どちらでも構わない」という答えになってしまいます。

 

自分でやってみて、やりやすかった方を採用すると良いかと思います。

 

ただし、粘着力の弱いアイプチを使用している場合は、メイク後だと上手くまぶたを接着できない恐れもあります。

 

粘着力が弱めの商品を使用する際には、メイク前に使用したほうが失敗せずに済みますよ。

 

逆に、粘着力が強めのものだと、メイク後に使用したほうが断然うまくいきます。

 

アイプチをした状態でのメイクは簡単とは言えません。

 

なので、出来ることならメイクを全て完了した後に、仕上げとしてアイプチを利用したいところです。

 

アイプチを使用した時のアイラインに関しては、断然リキッドタイプがおすすめです。

 

ペンシルタイプだと、アイプチのグルーの部分に色が移ってしまい、変に目立ってしまいます。

 

そのため、肌なじみの良いリキッドタイプのほうがよいでしょう。

 

ただし、にじみやすい商品だと目もとがグシャグシャになってしまいますので、ウォータープルーフのものを選ぶようにしてくださいね。

 

「アイプチをしてのアイラインが上手くいかない」という方は、アイプチを卒業するのも選択肢の1つです。

 

寝ている間にクセ付けが出来る二重美容液などがありますので、検討してみてはいかがでしょうか?

 

個人差はありますが、だいたい半年~1年くらいで自然な二重まぶたになれる人が多いようですよ。




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★