10~20代の女性の間で「糸状のアイプチがいい!」と、一時期ブームになりました。

 

皆さんは覚えていますでしょうか?その糸状の商品は、メザイクというものです。

 

簡単に二重まぶたを作れるということで話題になり、各メーカーがこぞって販売しました。

 

それでは、メザイクの商品特徴や使い方をご紹介しましょう。

 

メザイクは、まさにアイプチが糸状になったものです。

 

メザイクでは、伸び縮みする糸をまぶたに食い込ませることで、深い折り込みを作っていきます。

 

ストレッチファイバーが奥まで食い込むので、自然な仕上がりになると定評があります。

 

アイプチはグルーでまぶたを接着させるのに対し、メザイクは接着ではなく食い込ませることで二重を定着させます。

 

そのため、肌への負担が少ないことで愛用している方も多いです。

 

糸状のアイプチであるメザイクの使い方

それでは、糸状のアイプチであるメザイクの使い方をご紹介しましょう。

1.まぶたの油分・水分をしっかり拭き取る。

2.二重のラインを決めて、その部分にファイバーを食い込ませる。

3.両端の、目の幅からはみ出る部分をハサミで切る。

4.ファイバーを奥に押し込んで形を整える。

慣れると、だいたい3~5分くらいで二重まぶたを作ることが出来ます。自然な二重になれるのは嬉しいですね。

メザイクのデメリットとは?

ただし、メザイクにはデメリットもあります。それは、二重まぶたになりにくいタイプの人がいるということです。

・まぶたの脂肪が多く、厚めの人

・奥二重の人

・まぶたの皮膚にハリがある人

このような人は、なかなかメザイクで二重になりにくいようです。

 

特に奥二重の人は、もともとある二重のラインが邪魔をしてしまい、メザイクで自然な二重にならないことが多いです。

 

さらに、メザイクは糸を食い込ませて二重を作る商品なので、粘着力がありません。

 

そのため、日中に剥がれてしまう事例も多いのです。「1日中、きれいな二重をキープしたい」という方には向かないです。

 

より自然な二重になりたいというのであれば、夜用の二重コスメを利用してみてはいかがでしょうか。

 

夜用の二重コスメは、就寝前にまぶたに塗布して、まぶたを接着させます。

 

自分の好きな位置に二重ラインを作り、寝ている間に定着させるというものです。

 

早い人だと約1ヶ月で自然な二重になります。

 

二重になってしまえば、アイプチもメザイクも使用しなくて良くなりますね。

 

自然な二重をGETして、もっとメイクを楽しみましょう!

 

お得なキャンペーンがあるうちに、購入を是非とも検討されてみてください。

 




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★