目元の印象って大事ですよね。

顔の第一印象、それは目で決まるといっても過言ではないですよね。

なので、アイメークには気合が入りますし、ぱっちり二重になるようにアイプチやメザイクを使っているという人は多いようです。

でも、アイプチやメザイク、アイテープを使うとどうしても不自然な仕上がりになってしまうんですよね。

いかにも気合を入れ過ぎたかのような、ナチュラルとは程遠い仕上がりになってしまいます。

また、まぶたの荒れに悩まされることもあるようです。

 

一方、メビーナであれば寝ている間に二重にしてくれるのですからありがたいですよね。

寝る前にまぶたに塗るだけで、瞬きをしない寝ている時間を利用して二重になるための癖付けをしてくれるという美容液なのです。

そんな便利なアイテム、使ってみたい!と思う反面、気になるのは本当に安全かどうかですよね。

 

デリケートな目元に使うものなのですから、危険性がないかどうか気になるのは当然のことです。

そこで、ここではメビーナは本当に安全で危険性はないのか、成分も紹介しながら確認していきましょう。

 

専門家に聞いた!副作用の危険がある成分は入ってる?

まずは成分から。

メビーナに配合されている成分は以下の通りです。

水、エタノール、(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマー、アクリレーツコポリマー、DPG、キサンタンガム、BG、グリチルリチン酸2K、AMP、EDTA-2Na、エチルヘキシルグリセリン、クエン酸、クエン酸Na、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、カニナバラ果実エキス、ビルベリー葉エキス、ラベンダー花エキス他

もちろん化粧品として、肌に使えるもののみの配合なので安心してください。

ただ、アレルギー体質の方には気を付けてほしいことがあります。

植物由来の成分、たとえばハトムギやカラスムギ、アーモンドなどの植物由来成分が上記以外にも配合されています。

全ての成分は公式サイトの商品ページに記載されていますので、アレルギーをお持ちの方は、必ずアレルゲンが配合されていないか、確認しておいてくださいね。

では、個々の成分の詳細も少し確認しておきましょう。

 

(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマー

(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマーというのは、メタクリル酸エチルベタインとアクリレーツから作られているコポリマーです。

コポリマーは様々な組み合わせから作られており、化粧品などにはよく利用されてる添加物となります。

(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマーは品質の安定性が高いので、シャンプーのような毎日使う商品にも利用されています。

安全なコポリマーと言えるでしょう。

 

グリチルリチン酸2K

甘草という植物の根や茎から抽出された成分が、このグリチルリチン酸2Kです。

原料である甘草はもともと漢方として扱われているものです。

抗炎症、抗アレルギー効果や解毒効果が期待される成分であり、化粧品に配合される目的は、ニキビなどの炎症を抑えるためです。

皮膚に使用する分には副作用もないので、安全な成分として定評があります。

 

キサンタンガム

増粘剤という言葉の方がなじみがあるかもしれませんね。

食品によく利用されている添加物の一種になります。

トウモロコシなどのデンプンから作られます。

デンプンを細菌によって発酵させて作り、水に混ぜると粘り気が出てきます。

化粧品に配合される目的は、保湿性を高めたり、液体の粘度を上げるためです。

安全性は高いのでさまざまな分野で活用されていますが、アレルギーを持っている人はご注意ください。

 

メビーナ妊娠中や授乳中に使用しても大丈夫?

それでは、妊娠中や授乳中に使っても問題ないのでしょうか。

妊娠中や授乳中には肌が敏感になりやすいです。

以前何の問題のなかった化粧品が肌に合わなくなったということもあります。

ずっと使ってきたからという理由だけでは、大丈夫とは言い切れないところです。

肌が荒れていないか、赤みや痛みを感じていないか、しっかり確認してください。

また、メビーナにカフェインが配合されているのも気になるところですね。

いくら肌に塗るだけだとは言っても気を付けたいところです。

念のため、かかりつけ医に相談してみてくださいね。

 

メビーナ高校生や中学生が使用しても大丈夫?

基本的には問題はありません。

ただ、まぶたというのは特にデリケートな部分になります。

必ず事前にパッチテストをしておきましょう。

 

メビーナを使用するときの注意点

基本の使用方法を守って使う

皆さん、説明書はどんな商品でもきちんと読んていますか。

メビーナの説明書もぜひきちんと読んでくださいね。

粘着成分でまぶたをくっつけることで二重にするので、粘着力を長時間キープできるかどうかは、説明書に書かれている使用方法をきちんと守っているかにかかっています。

たとえば、洗顔した後で、あぶら取り紙や濡らしたコットンなどでまぶたをしっかり拭いて、余分な脂やホコリなどを落としてから使うようにと書いてありました。

これをしないと、途中で粘着力が弱くなるという残念なことになってしまうようです。

あと、朝にもクレンジングをして、寝る前に塗ったメビーナをしっかり落とす必要があります。

それを怠ってしまうと、肌荒れの原因になるので気を付けてくださいね。

日中にも使うのであれば、一旦クレンジングして、スキンケアをしてからまた塗ってください。

公式サイトにも説明がありますので、参照してくださいね。

 

使用前には必ずパッチテストを行う

化粧品にはよくあることですが、いくらお肌に優しい成分を配合していても、全員が肌荒れしないということはありません。

メビーナも肌への優しさを第一に作られていますが、敏感肌の方はもちろん。自分は大丈夫と思っていても、必ずパッチテストは行ってくださいね。

では、パッチテストのやり方をご説明します。

パッチテストを行うのは、二の腕の内側のような皮膚が柔らかいところにしましょう。

いきなりまぶたでは行わないでくださいね。

また、パッチテストを行う前に、湿疹や傷、荒れなどの異常がないことを確認してください。

それでは、テストすると決めたところにメビーナを少量塗ります。

その際、摩擦などでメビーナが落ちてしまわないよう、上からばんそうこうなどを貼っておきましょう。

1日経った後でばんそうこうを剥がしてみて、メビーナを塗ったところが赤くなっていないか、かゆくないかを確認してみましょう。

もし異常があれば、とても残念ですが、使用は諦めてください。

異常がなければ、今度は実際にまぶたに使ってみてください。

ただし、まぶたは非常に皮膚が薄く、デリケートです。

他の箇所では問題なくても、まぶたの場合は荒れてしまう可能性は高いです。

眼病の原因となることもありますので、腫れてしまった場合は即使用を中止してください。

お医者様にきちんと診てもらってくださいね。

 

まとめ

メビーナの成分を確認してみて、肌に危険なものは配合されていないことがわかりました。

ただ、アレルギー体質の人は、植物由来成分に注意が必要です。

妊娠中、授乳中の方に関しては、お肌が敏感になりやすい時期なので、注意しましょう。

また、カフェインも少量ですが配合されているので、気になる場合はかかりつけ医に相談してみてください。

中学生、高校生でも使えますが、デリケートなまぶたに使用するもののため、まずはパッチテストをおススメします。

敏感肌の方はもちろんですが、そうでない方でも使用前のパッチテストは有効ですよ。

異常があれば使用しないようにしましょう。

説明書にも公式サイトにも、効果的な使い方や注意点が記載されていますので、そちらもぜひ最初に読んでおいてくださいね。

メビーナを正しく使って、憧れのぱっちり二重を手に入れましょう!

 

▼メビーナ最安値はコチラ▼




>>ナイトアイボーテで二重を手に入れてみる!

★驚きの限定価格をチェックしてみる↓★

★えっ?人気アイプチに特典まで?★


ここでしかない豪華特典をゲットしてみてください!
簡単に綺麗になる秘密の美容テクニック大公開!
今すぐお友達登録してみてくださいね^^